歯周病

  • 文字サイズを大きく
  • 文字サイズを大きく
安心して通っていただくために 安心して通っていただくために
  1. トップ
  2.   >>
  3. ブログ  >>
  4. ブログ  >>
  5. 歯周病

歯周病

今回は歯周病についてお話します。

聞いた事はあるけど、どんな病気?もしかしたら私もそう?など気になりますよね。

症状としては ・歯磨きすると出血する・口臭が気になる・口の中がネバネバする・歯茎がむず痒い、痛い・歯がグラグラしてきた等、ほとんどの方の口腔内には歯周病菌が存在しており、人間が持つ常在菌の一つですが、過剰な免疫反応を起こしてはじめて歯周病を発症します。つまり一定の条件がそろわなければ特に問題のない菌なのです。

日々の歯磨きはもちろんですが、歯科医院で歯石の除去や、検診を受けるなどのケアをせずに放っておくと、どんどん歯周病菌の数は増え、歯と歯茎の間に細菌がたまり周囲に炎症を引き起こします。

さらに進行すると歯を支える骨を溶かし歯が抜けてしまう可能性があります。

歯周病が原因で肺炎や心筋梗塞、動脈硬化、早産などを引き起こしやすくもなりますのでとても怖い病気ですね。歯は一生付き合って行くものです、気になる事がありましたらお気軽にお問合せください。

院長 三門雅倫

トップへ戻る