自分の歯のように噛みたい~インプラント~

  • 文字サイズを大きく
  • 文字サイズを大きく
8月2日(土)はーとピア歯科・矯正歯科 越谷診療所NEW OPEN年中無休、家族みんなで通える歯医者さん
  1. トップ
  2.   >>
  3. 自分の歯のように噛みたい~インプラント~

自分の歯のようにしっかり噛めるインプラント治療

自分の歯のようにしっかり噛めるインプラント治療

歯を失ってしまったまま放置しておくと見た目が悪いのはもちろんですが、それだけでなく、歯並びや噛み合わせが乱れて全身の健康に悪影響をおよぼすので注意しましょう。歯並びや噛み合わせの乱れはさらなる歯の喪失にもつながるので、できるだけ早く治療を受けることが大切です。歯を失った場合の治療法には、「入れ歯(義歯)」「ブリッジ」「インプラント」の3種類があります。こちらでは、インプラント治療についてご紹介します。

インプラント治療とは

インプラント治療とは

インプラント治療とは、生体親和性の高いチタン製の人工歯根(インプラント)を顎の骨に埋め込み、その上に人工歯を装着することで失った歯の機能をおぎなう治療法です。インプラントは顎の骨としっかり結合するため、自分の歯のような噛み心地に近づけることができます。また、インプラントの上部にセラミック製の人工歯(上部構造)を装着することで、見た目も自然に仕上がります。

インプラント治療のメリット・デメリット

インプラント治療は非常に優れた治療法ですが、万能の治療ではありません。メリットだけでなくデメリットもしっかり理解し、納得の治療につなげましょう。

メリット デメリット
  • 噛み合わせが安定する
  • 失った歯が多くても適用可能
  • 1本からでも適用可能
  • 天然歯のように自然な見た目が実現する
  • 入れ歯より噛む力が回復する
  • 定期的なケアで長期使用が可能
  • 周りの歯に負担をかけない
  • 入れ歯に比べて顎の骨がやせにくい
  • 治療期間が比較的長くなる
  • 外科手術が必要になる
  • 保険適用外のため治療費が高くなる
  • 定期的な歯科医院でのケアや毎日のケアを怠ると、インプラントが抜け落ちてしまう

インプラント治療の流れ

Step1 歯肉の切開 Step2 ドリリング Step3 インプラント埋入
Step1 歯肉の切開 Step2 ドリリング Step3 インプラント埋入
麻酔後、インプラントを埋める部分の歯肉を切開し、顎の骨を露出させます。 専用のドリルで、顎の骨にインプラントを埋め込むための穴をあけます。 あけた穴にインプラントを埋め込みます。
Step4 治癒期間 Step5 アバットメント装着 Step6 人工歯装着
Step4 治癒期間 Step5 アバットメント装着 Step6 人工歯装着
インプラントを歯肉で覆って縫合し、傷口の治癒とインプラントと顎の骨が結合するのを待ちます。 インプラントが骨と結合したら再び歯肉を切開し、人工歯との接続部分となるアバットメントを装着します。 歯肉の傷口が治るのを待ってからアバットメントに人工歯を装着し、治療完了です。

インプラント担当医

外科手術をともなうインプラント治療には、高度な技術と豊富な臨床経験が必要です。越谷市東越谷の歯医者「ハートピア歯科・矯正歯科越谷診療所」では、臨床経験豊富なインプラント担当医が在籍していますので、安全・安心の治療をお受けいただけます。

インプラント治療の流れ
氏名 松下祐樹
略歴 東京医科歯科大学歯学部 卒業
神戸大学医学部付属病院歯科口腔外科 勤務
東京医科歯科大学大学病院顎顔面外科学分野 勤務
所属学会 日本口腔外科学会専修医
日本口腔インプラント学会
日本顎関節学会
日本口腔科学会
モットー 口腔外科専門医として、インプラント治療を通して一人でも多くの患者さんの口腔内環境を整えるサポートをしたいと思っています。

家族で通える越谷市東越谷の歯医者 ハートピア歯科・矯正歯科越谷診療所 「合わない入れ歯」でガマンしないでください

トップへ戻る