むし歯が痛い・しみる~むし歯・根管治療~

  • 文字サイズを大きく
  • 文字サイズを大きく
安心して通っていただくために
  1. トップ
  2.   >>
  3. むし歯が痛い・しみる~むし歯・根管治療~

むし歯について正しく理解しましょう

  • むし歯について正しく理解しましょう
  • むし歯について正しく理解しましょう

「成人の約9割が経験している」といわれるむし歯。私たちにとってはとても身近な病気ですが、そのむし歯について、みなさんはどれくらい知っているでしょうか? むし歯とは、お口の中のプラーク(歯垢)に潜むむし歯菌が、食べカスに含まれる糖分をエサとして「酸」を作り出し、その酸によって歯が溶かされてしまう病気です。

こちらではむし歯に関する基礎知識についてご説明します。むし歯を正しく理解し、初期の段階ではほとんど自覚症状がないむし歯の早期発見・早期治療につなげましょう。

痛みを感じたら症状が進行しています

痛みを感じたら症状が進行しています

風邪などの場合は放っておいても治ることがありますが、ほとんどの場合、むし歯は放っておいても自然には治ることはありません。そして、歯に痛みを感じたときにはすでにかなり進行してしまっていたというケースも。小さなむし歯なら比較的単純で簡単な治療になりますが、悪化させてしまうと治療が複雑になり、治療回数も治療費も増えてしまいます。

むし歯は早期発見・早期治療が大切です。気になる症状がありましたら、悪化させないようになるべく早く越谷市東越谷の歯医者「ハートピア歯科・矯正歯科越谷診療所」へご相談ください。

むし歯は放置しないでください

むし歯は放置しないでください

むし歯を放っておくとどうなるのでしょうか? 「むし歯で痛かったのに、しばらく我慢していたら痛みが治まった」という経験をされた方もいらっしゃるかもしれませんが、これは「治った」わけではありません。神経が死んでしまい、「痛みを感じなくなった」だけなのです。

痛みを感じなくなってからも、むし歯はどんどん進行していきます。そして、歯の根の中で膿ができると、激痛に苦しむことになります。ここまで悪化してしまうと、最悪の場合は歯を失うことにつながってしまうのです。

重度のむし歯は「根管治療」で治します

重度のむし歯は「根管治療」で治します

歯の神経まで達してしまった重度のむし歯でも、抜歯をせずに歯(歯根)を残すことが可能な場合があります。この歯根を残す治療が、「根管治療」です。根管治療は、一般的には「歯の神経を抜く」と表現される治療のこと。歯根の中にある根管という細い管からむし歯に汚染された神経や血管を取り除き、内部をキレイに洗浄・消毒して薬剤を詰め、最後に被せ物を入れて完了です。

歯を失ってしまうと噛み合わせや歯列が乱れ、それが全身の健康に悪影響を及ぼすこともあります。たとえ歯根だけでも、歯を残せるというのはとても大切なことなのです。

根管治療を中断することのリスク

根管治療を中断することのリスク

重度のむし歯治療である根管治療を確実に行うためには、どうしても通院回数や治療時間がかかってしまいます。しかし、なかには治療を途中でやめてしまう方もいらっしゃるのが現状です。

通院が大変だから…… 仮歯でも噛めるから…… もう痛くないから……
でも、治療の中断にはリスクがあります。
最後までしっかり治療しましょう。

「通院が大変だから」と根管治療を中断してしまったとしましょう。その場合、歯の内側や周囲に病巣が広がりやすくなるので、再発リスクが極めて高くなります。このようなリスクは根管治療だけにかぎりませんが、再発しやすいむし歯や歯周病の治療を中断すると治療前よりも症状が悪化し、結局は歯を失ってしまうことになりかねないのです。

根管治療を中断することのリスク

またなかには、仮歯が入った段階で通院をやめてしまう方もいらっしゃいます。仮歯はあくまで仮の歯。耐久性がなく、「変形して細菌が侵入する」「噛み合わせがズレる」などの危険もあります。「もう痛くないから」と通院を中断するのも危険です。噛み合う歯が伸びてきたり、隣の歯が倒れ込んできたりして、噛み合わせを乱す原因になってしまいます。

「治療の中断」は、お口の健康にとってとても危険なこと。治療は必ず最後まで受けましょう。

家族で通える越谷市東越谷の歯医者ハートピア歯科・矯正歯科越谷診療所むし歯や歯周病は予防できる病気です

トップへ戻る