銀歯が気になる~審美歯科~

  • 文字サイズを大きく
  • 文字サイズを大きく
安心して通っていただくために
  1. トップ
  2.   >>
  3. 銀歯が気になる~審美歯科~

銀歯は白い歯に替えることができます

銀歯は白い歯に替えることができます

そんな口元のお悩みがある方には、審美歯科がおすすめです。審美歯科では、インレー(詰め物)やクラウン(被せ物)を白いセラミック素材に替えることで、噛む機能を整えながら見た目もキレイにする治療を行っています。気になる口元のお悩みがありましたら、越谷市東越谷の歯医者「ハートピア歯科・矯正歯科越谷診療所」へご相談ください。

銀歯にはこんなデメリットがあります

白い歯が並ぶお口の中でとても目立ってしまう銀歯ですが、デメリットはそれだけではありません。

  • 銀歯の表面にはプラークが付着しやすいので、むし歯や歯周病になるリスクが高まります
  • 自分の歯よりも硬いため、噛み合う歯を傷つけることがあります
  • 金属がイオン化して溶け出し、歯ぐきを黒ずませることがあります
  • イオン化した金属が体内に取り込まれると、金属アレルギーの反応を起こすことがあります
  • 金属の土台だと、歯ぐきの後退によって金属が露出してしまうことがあります

これまでむし歯治療で当たり前のように使用されてきた銀歯。機能性や耐久性が高いというメリットはありますが、このようにデメリットもたくさんあるのです。銀歯のデメリットが気になる方は、白いセラミック素材を用いた治療をご検討ください。

セラミックが優れている理由

セラミックが優れている理由

審美歯科では多くの場合、詰め物や被せ物に白いセラミック製の素材を使用します。銀歯をセラミックに替えることには、自然でキレイな見た目を手に入れる以外にも、次のようなメリットがあります。

金属アレルギーの心配がない 歯ぐきが黒ずまない
金属をいっさい使用しないメタルフリー素材なので、ある日急に発症する可能性がある金属アレルギーについて悩む必要がなくなります。 オールセラミック素材なら金属をまったく使用しないので、イオンの溶け出しによる歯ぐきの黒ずみが起こりません。
コンプレックスを解消できる 長期的に使用できる
キレイな白い歯に替えることで、笑顔に自信が持てるようになります。実際、治療によって「前向きになれた」という方がたくさんいらっしゃいます。 セラミックは耐久性にも優れています。プラークなどの汚れも付着しにくいので、長期的にむし歯や歯周病のリスクを抑えることが可能です。
プラークが付着しにくい 予防意識が高まる
銀歯よりもプラークが付着しにくいので、むし歯や歯周病になるリスクを抑えることができます。 キレイな歯を手に入れることで、そのキレイな状態を維持したいという思いが生まれるもの。それがそのまま、予防意識の高さにつながります。

取り扱いメニュー紹介

オールセラミック
【詰め物】
【詰め物】
【被せ物】
【被せ物】
すべてセラミックでできた素材です。
メリット
  • 天然歯に近い色調と透明感で、見た目が自然
  • 経年劣化や変色がほとんどない
  • 歯肉が黒くならない
  • 金属不使用なのでアレルギーの心配がない
デメリット
  • 天然歯より硬いので噛み合う歯を傷つけることがある
  • 保険適用外なので治療費が高価
見た目 ★★★★★
耐久性 ★★★★☆
ハイブリッドセラミック
【詰め物】
【詰め物】
【被せ物】
【被せ物】
セラミックとレジン(歯科用プラスチック)の混合素材です。
メリット
  • 周囲の天然歯に色調を合わせることができる
  • 硬すぎないので噛み合う歯を傷つけない
  • 金属不使用なのでアレルギーの心配がない
デメリット
  • ほかのセラミック素材と比べると透明感がやや劣る
  • 経年によって多少の変色がある
  • 保険適用外なので治療費が高価
見た目 ★★★★☆
耐久性 ★★★☆☆
ジルコニアセラミック
ジルコニアセラミック 人工ダイヤモンドの材料にもなるジルコニアが素材です。
メリット
  • 天然歯のような質感や透明感があり美しい
  • 割れにくいのでほとんどの部位で使用可能
  • 経年劣化や変色がほとんどない
  • 金属不使用なのでアレルギーの心配がない
デメリット
  • 歯を削る量が比較的多めになる
  • 保険適用外なので治療費が高価
見た目 ★★★★★
耐久性 ★★★★★
メタルボンド
メタルボンド 金属の土台の表面にセラミックを焼き付けた被せ物です。
メリット
  • 銀歯よりも見た目が美しい
  • 中身(フレーム)が金属なので割れにくい
  • 強度が高いのでほとんどの部位に使用可能
デメリット
  • ほかのセラミック素材と比べると透明感がやや劣る
  • 金属アレルギーを引き起こす可能性がある
  • 歯肉が黒ずむことがある
  • 歯を削る量が比較的多めになる
  • 保険適用外なので治療費が高価
見た目 ★★★☆☆
耐久性 ★★★★★
ファイバーコア
ファイバーコア グラスファイバー(ガラス繊維強化樹脂)製のコア(土台)です。
メリット
  • 天然歯に近い強度や柔軟性があるので、金属コアに比べ歯根を傷つけにくい
  • 光を通す素材のため、被せ物の透明感を維持できる
  • 奥歯にも使用できる
  • 金属アレルギーの心配がない
デメリット
  • 歯の状態により適用できないことがある
  • 保険適用外なので治療費が高価
見た目 ★★★★★
耐久性 ★★★★☆
ラミネートベニア
ラミネートベニア 前歯に薄いセラミックの板を貼り付ける治療法です。
メリット
  • 長期的に白さを維持できる
  • 軽度の前歯の乱れ(すきっ歯など)を整えられる
  • 金属アレルギーの心配がない
  • ホワイトニングで白くできない歯も白くなる
デメリット
  • 健康な前歯を削らなければならない
  • 施術は前歯のみ可能
  • 時間の経過とともにはがれることがある
  • 保険適用外なので治療費が高価
見た目 ★★★★☆
耐久性 ★★★☆☆

家族で通える越谷市東越谷の歯医者ハートピア歯科・矯正歯科越谷診療所「歯を削らずに白くしたい」ならホワイトニングを

トップへ戻る