入れ歯が合わない・痛い~義歯~

  • 文字サイズを大きく
  • 文字サイズを大きく
8月2日(土)はーとピア歯科・矯正歯科 越谷診療所NEW OPEN年中無休、家族みんなで通える歯医者さん
  1. トップ
  2.   >>
  3. 入れ歯が合わない・痛い~義歯~

自分に合った「入れ歯選び」が大切です

合わない入れ歯でガマンしないでください

「入れ歯は痛いもの」「入れ歯はよく噛めないもの」というイメージをお持ちの方も多くいらっしゃることと思います。しかしそのような不具合は、サイズが合っていなかったり、噛み合わせがズレていたりすることで起こります。逆にいえば、お口にぴったり合っている入れ歯なら、「痛い」「よく噛めない」などとストレスを感じずにお使いいただくことができるのです。

合わない入れ歯でガマンしないでください

合わない入れ歯でガマンしないでください

入れ歯は作った当初は調子がよくても、だんだんと合わなくなっていきます。これはお口の中の形が変化したり、入れ歯が摩耗によって変形したりすることが原因です。そのため、入れ歯は定期的な修理や作り替えが必要になります。

合わない入れ歯でガマンしないでください

痛いままガマンして使っていると、強く当たった部分が炎症を起こすことがあります。合わない入れ歯は、会話や食事を億劫にさせてしまうもの。より楽しく、より快適な生活のために、入れ歯でお困りの方は越谷市東越谷の「ハートピア歯科・矯正歯科越谷診療所」へお越しください。入れ歯で困っている親御さんをお持ちの方からのご相談も喜んで承ります。

「安定する入れ歯」とは

「安定する入れ歯」とは

入れ歯が安定しない理由には、正確な型取りができていないことが挙げられます。正確な型取りのためには、舌や筋肉の動き、噛み合わせまでトータルで考慮する必要があります。これは、自費の入れ歯でも保険の入れ歯でも同じです。

当院では保険診療・自費診療にかかわらず、上記のポイントをふまえたうえで患者さんに適した入れ歯をご案内しています。安定する入れ歯が欲しい方、ぴったり合った入れ歯に替えたい方はご相談ください。

入れ歯は歯磨き粉で磨かないでください

入れ歯は歯磨き粉で磨かないでください

入れ歯は毎日のお手入れによって清潔に保つことが大切です。ですが、入れ歯を使われている方の中には、歯ブラシと歯磨き粉でゴシゴシと入れ歯を洗っている方がいらっしゃるようです。しかし、歯磨き粉には研磨剤が含まれているので、入れ歯の表面に細かい傷をつける恐れがあり、この傷に棲み付いた細菌がお口の中から体内に入って健康を害してしまうことも考えられます。

そうならないように、入れ歯の洗浄には専用のブラシと洗浄剤を使いましょう。当院が正しいお手入れ方法をお教えします。

保険と自費の入れ歯の違い

保険の入れ歯 自費の入れ歯
保険の入れ歯 自費の入れ歯

【素材】

  • レジン(歯科用プラスチック)のみ
  • 部分入れ歯は金属のバネを使用

【素材】

  • いろいろな素材や形状から選択することが可能

【特徴】

  • 修理や調整がしやすい
  • 噛み心地や装着感がやや劣る
  • 見た目で入れ歯だとわかってしまう
  • 壊れやすい
  • 飲食物の温度が伝わりにくい

【特徴】

  • しっかり噛める入れ歯が作れる
  • 見た目のよさを追求できる
  • 薄く作れるので、軽くて装着感がよい
  • 金属床の総義歯なら飲食物の温度が伝わりやすい
  • 壊れにくいが、一度壊れると修理が難しい

【耐久性】

低い

【耐久性】

高い

【製作期間】

約1ヶ月

【製作期間】

種類によって異なる(2~3ヶ月)

【費用】

保険適用のため安価

【費用】

種類によって異なるが全体的に高額

取り扱い入れ歯紹介

レジン床入れ歯
レジン床入れ歯 床部分がレジンで作られた保険適用の入れ歯です。

【メリット】

  • 保険適応なので比較的安価
  • 製作期間が短い
  • 修理・調整が比較的簡単

【デメリット】

  • 硬い食べ物が噛みにくいことがある
  • 床に厚みがあるので装着感がよくない
  • 見た目で入れ歯だとわかってしまう
シリコンデンチャー
シリコンデンチャー 床が弾力性のある生体用シリコンでできた、自費診療の入れ歯です。

【メリット】

  • 吸着性や密閉性が高く、フィット感が優れている
  • 入れ歯と歯ぐきの間に物が挟まらない
  • 噛んだときの負荷が緩和されるので、硬い物もしっかり噛める

【デメリット】

  • 自費診療のため、比較的高価
  • 修理が難しい
  • 汚れが付着しやすい
金属床入れ歯
金属床入れ歯 床部分が金属でできている自費診療の入れ歯です。

【メリット】

  • 床の部分を薄く作れるので、装着時の違和感が少ない
  • 飲食物の温度を感じやすい
  • 耐久性が高い

【デメリット】

  • 金属アレルギーの心配がある
  • 自費診療のため、比較的高価
  • 修理が難しい
ノンスクラプデンチャー
ノンスクラプデンチャー 歯ぐきにあたる部分に弾力性のある素材を使った、バネ(クラスプ)のない自費診療の部分入れ歯です。

【メリット】

  • バネがないため目立ちにくい
  • 周りの健康な歯に負担をかけない
  • フィット感にも審美性にも優れている
  • 弾力性があり壊れにくい
  • 金属アレルギーの心配がない

【デメリット】

  • 歯の欠損状態により適用できないことがある
  • 激しい温度変化に弱い
  • 熱伝導性では金属床に劣る
  • 自費診療のため、比較的高価
マグネットデンチャー
マグネットデンチャー 歯根に被せた金属のキャップと磁石を埋め込んだ入れ歯を、磁力によって吸着させる自費診療の入れ歯です。

【メリット】

  • 磁力によりしっかり吸着するので、比較的よく噛める
  • 小さめに作れるので異物感が少ない
  • 装着が簡単

【デメリット】

  • 金属アレルギーの心配がある
  • 磁石を組み込む部分から入れ歯が割れやすい
  • 自費診療のため、比較的高価
  • 歯の欠損の状態により適用できない症例がある

家族で通える越谷市東越谷の歯医者ハートピア歯科・矯正歯科越谷診療所自分の歯のように噛みたいなら、インプラント治療もあります

トップへ戻る