子供の歯並びについて~小児矯正~

  • 文字サイズを大きく
  • 文字サイズを大きく
安心して通っていただくために
  1. トップ
  2.   >>
  3. 子供の歯並びについて~小児矯正~

お子さんの歯並びが気になる親御さんへ

お子さんの歯並びが気になる親御さんへ

最近では、学校が行っている歯科検診によって「むし歯のある子供」は減ってきているものの、一方で「歯並びが乱れている子供」は増えてきているようです。歯並びや噛み合わせの乱れは歯の見た目や顔のバランスだけでなく、発音や呼吸、噛むことや飲み込むことなどのお口の機能にさまざまな問題を起こしかねません。

お子さんの歯並び・噛み合わせで気になることがありましたら、お気軽に越谷市東越谷の歯科医院「ハートピア歯科・矯正歯科越谷診療所」へご相談ください。

歯並びの乱れがもたらすデメリット
むし歯・歯周病になりやすくなる 見た目がよくない
正しい顎の成長が妨げられる 発音や滑舌が悪くなる
飲み込み癖がつき、肥満になりやすくなる 顎関節症になりやすくなる

子供の歯並び矯正~小児矯正~

子供の歯並び矯正~小児矯正~

矯正治療は、歯並びや噛み合わせの改善を目的とした治療です。「大人の矯正」では歯をキレイに並べて噛み合わせを整えるために抜歯しなければならないこともありますが、「子供の矯正(小児矯正)」の場合は、顎の成長を利用して歯がキレイに並ぶスペースを確保するため、大人の矯正治療よりも自然で、かつ効果的だといえます。

子供のうちに矯正をするメリット

line

  • 歯並びが改善されると食べカスが溜まりにくくなるうえ、歯磨きもしやすくなって磨き残しが減るので、むし歯を予防しやすくなる
  • 顎を広げて正しい成長を促すことで永久歯が並ぶスペースを確保できるため、抜歯の可能性が減る
  • 顎の成長を利用するので、床矯正装置のみで改善できる場合があり、その場合は、治療費を抑えることができる
  • 早めに歯並びを改善することで、見た目のコンプレックスを解消できる。それにより、健全な精神の発達につながる。

お子さんにこんなクセはありませんか?

頬杖(ほおづえ)

頬杖(ほおづえ)

口呼吸

口呼吸

歯ぎしり

歯ぎしり

成長期に頬杖のクセがあると、顎関節や周りの組織の成長を妨げ、噛み合わせや顎のゆがみを招くことにつながります 常に口を開けている状態になるので舌が正しい位置に納まらず、出っ歯やすきっ歯になることがあります。また、口が乾燥することでむし歯になりやすくなります。 歯が摩耗する、顎関節に負担がかかる、噛み合わせが乱れるなどの原因になることがあります。

爪を噛む

爪を噛む

唇を噛む

唇を噛む

指しゃぶり

指しゃぶり

硬い物を噛み続けることになるので、歯や歯ぐきに負担をかけ、歯並びの乱れにつながることがあります。 唇を噛むクセがあると口の動きが不自然になるため、歯並びや顎の関節に悪影響を与える恐れがあります。 指しゃぶりのクセは、上下の前歯に負担をかけるので、開咬(奥歯を噛み合わせても上下の前歯が閉じない状態)や上顎前突(出っ歯)を招いてしまうことがあります。

舌癖(ぜつへき)

舌癖(ぜつへき)

食生活

食生活

丸呑み

丸呑み

歯並びに影響を与える悪い舌のクセを総称して「舌癖」といいます。舌をいつも前に出していたり、前歯を押したりするクセがあると、開咬や上顎前突になりやすくなります。 軟らかい物ばかり食べていると噛む回数が減り、顎の骨や咀嚼筋が衰えてしまうことがあります。そして、健康な顎の成長が妨げられてしまうことも。 食べ物をよく噛まずに飲み込んでいると、消化器系への負担が増え、栄養吸収に悪影響を与えます。栄養の摂取は、全身の成長にも影響を及ぼす問題です。

小児矯正の治療方法

ムーシールド

line

ムーシールド

おもに受け口(反対咬合)を治すための矯正装置です。3~6歳くらいのお子さんに効果的な矯正で、専用のマウスピースを就寝時などに毎日一定時間装着し、症状を改善させていきます。口の周りの筋機能を利用した矯正方法です。

床矯正

line

床矯正

入れ歯のような取り外しできる矯正装置で、乳歯から永久歯に生え替わる時期の子供に用いられます。毎日一定時間装着することで顎の大きさを広げ、歯が正しく並ぶスペースを確保。この時期に顎のスペースが確保できると、将来永久歯を抜歯する必要性がなくなり、治療期間や治療費を抑えることにつながります。

家族で通える越谷市東越谷の歯医者 ハートピア歯科・矯正歯科越谷診療所 親御さんの矯正についてはこちら

トップへ戻る