妊娠中の歯科治療

  • 文字サイズを大きく
  • 文字サイズを大きく
安心して通っていただくために
  1. トップ
  2.   >>
  3. 妊娠中の歯科治療

妊婦さんと赤ちゃんの健康を守るマタニティ歯科

妊婦さんと赤ちゃんの健康を守るマタニティ歯科

妊娠すると心も身体もいつもとは違う状態になり、お口の状況も変化しやすくなります。そういったデリケートな状態にある妊婦さんを対象に歯の治療や口腔ケアを行うのが、「マタニティ歯科」です。越谷市東越谷の歯医者「ハートピア歯科・矯正歯科越谷診療所」では、妊婦さんはもちろん、これから生まれてくる赤ちゃんの健康を守るためにも、マタニティ歯科への受診をおすすめしています。

妊娠中は口腔内環境に注意

妊娠中は口腔内環境に注意

妊娠すると女性ホルモンが増加し、歯周病の症状が起こりやすくなるのをご存知でしょうか? これは、「妊娠性歯周炎」とも呼ばれています。妊娠中は唾液の分泌量が減り、また身体の免疫力も低下するので、お口のトラブルを招きやすい環境となるのです。

また、「つわり」も口腔内環境の変化に大きく関わってきます。つわりになると酸味が強い物や軟らかい物を好むようになり、また少しずつしか食事ができないので食べる回数が増え、お口の中の環境は細菌が繁殖しやすいままの状態になりがちに。歯ブラシをお口に入れるだけでも気持ちが悪くなることがあるので、歯磨きがおろそかになってしまうケースも珍しくありません。こうした悪い条件が重なることで、むし歯や歯周病になりやすくなってしまうのです。

妊娠中に歯科治療を受けるタイミング

妊娠中に歯科治療を受けるタイミング

妊婦さんのお口の健康は、生まれてくる赤ちゃんのためにも大切です。デリケートな妊婦さんの場合、「治療を受けられない」と思っている方もいらっしゃいますが、妊娠中であっても治療を受けることはできます。気をつけたいのは、治療を受けるタイミングです。くわしくは以下をご覧ください。

妊娠初期
1~4ヶ月ごろ
妊娠中期
5~8ヶ月ごろ
妊娠後期
9ヶ月~
妊娠1~4ヶ月は、切迫流産を起こしやすい時期ですので、よほどのことがない限り歯科治療は控えたほうがいいでしょう。 妊婦さんの歯科診療に適した時期は、「安定期」と呼ばれるこの時期です。特別な症例を除けば通常の治療を受けられるので、この時期に済ませるようにしましょう。 9ヶ月以降は、いつ陣痛が起きてもおかしくない時期。急を要する場合以外は、産後、落ち着いてからの歯科治療をおすすめします。

妊娠性歯周炎に要注意

妊娠性歯周炎に要注意

妊娠中はお口のケアがしづらくなることから、妊娠性歯周炎にかかりやすくなります。血管内に細菌が入ると子宮を収縮させてしまうことがあり、早産や低体重児出産のリスクを高めてしまいます。「お口の病気だから」「痛いわけじゃないから」と軽視しないで、タイミングを見て歯科医院に相談しましょう。また、自宅でできるケアを積極的に行いましょう。

生まれてくる赤ちゃんのためにお口の中をキレイに

line

お口をゆすぎましょう

食後は歯磨きすることが理想ですが、難しいときは口をゆすぐだけでも効果があります。殺菌作用のあるカテキンを含むお茶を使ってもいいでしょう。ただし、お茶にはカフェインが含まれていることがあるので、飲み過ぎには注意が必要です。

フッ素・キシリトールも効果的です

フッ素には歯の再石灰化を促し、歯質を強化する効果があります。そしてキシリトールはフッ素の働きを助けるので、フッ素とキシリトールを活用してお口のトラブルの予防効果を高めましょう。

ストレスのない生活習慣を

免疫力が低下すると、口腔内環境も悪化します。そのため、規則正しい生活をすることが大切です。日光を浴びながらの散歩や音楽を聴きながらの入浴など、できるだけストレスを溜めないような生活習慣を心がけましょう。

マタニティ歯科のQ&A

Q.妊娠中にレントゲン撮影しても大丈夫?
妊娠初期のレントゲン撮影は避けたほうが無難ですが、レントゲン撮影なしでのあいまいな診断や治療はおすすめできません。歯科用のデジタルレントゲンは放射線被曝量が少なく、防護用のエプロンもあります。放射線が直接赤ちゃんに当たることはありませんので、治療を受ける必要がある場合もご安心ください。
Q.治療中の薬は赤ちゃんに影響しますか?
妊娠中は、できればお薬の服用は避けたほうがいいでしょう。ですが、適切な処方で服用すれば問題はありません。当院では、妊娠中であっても問題のない抗生物質や痛み止めを処方しますのでご安心ください。
Q.治療時の麻酔は赤ちゃんに影響ありませんか?
歯の治療で使用する麻酔は局所麻酔ですので、基本的には赤ちゃんへの影響はありません。麻酔をせずに痛みを我慢することがかえってストレスとなり、身体への影響が出ることがあります。麻酔はうまく使用して治療することがおすすめです。
Q.妊娠してからお口の中がネバネバするのですが?
つわりやホルモンバランスの変化によって、お口のトラブルが起こりがちです。口の中がネバネバする、口臭が気になるようでしたら、妊娠性歯周炎の可能性があります。できるケアを行いつつ、安定期に入ったら一度ご来院ください。

家族で通える越谷市東越谷の歯医者 ハートピア歯科・矯正歯科越谷診療所 初めてお越しになる方へ診療の流れをご紹介します

トップへ戻る