子供をむし歯にさせないために

  • 文字サイズを大きく
  • 文字サイズを大きく
安心して通っていただくために
  1. トップ
  2.   >>
  3. 子供をむし歯にさせないために

子供のむし歯治療を考えましょう

子供のむし歯治療を考えましょう

大人の歯よりも抵抗力が弱いため、むし歯になりやすい乳歯。「どうせ乳歯は生え替わるから……」とお子さんのむし歯を放っておいてはいませんか? お子さんのお口の健康を真剣に考えるならば、乳歯のむし歯だからといって甘く見ず、しっかりと予防に努めることが大切です。お子さんの歯が生えてきたら、一度、越谷市東越谷の歯医者「ハートピア歯科・矯正歯科越谷診療所」にご相談ください。

なぜ、乳歯のむし歯に注意すべきなの?

なぜ、乳歯のむし歯に注意すべきなの?

乳歯は永久歯に比べて歯の表面のエナメル質やその内側の象牙質が薄いため、むし歯菌が作り出す「酸」に溶けやすいという特徴があります。お子さんの歯がむし歯になってしまうと、以下のような問題が起こり得るので、注意してあげましょう。

【乳歯のむし歯がもたらすデメリット】

反対に、乳歯のときにしっかりケアしてあげられれば、大人になってからもむし歯になりにくくなるという傾向があります。将来、お子さんがむし歯や歯並びで苦労することがないよう、強い意識と確かな知識をもってしっかり歯を守ってあげましょう。

むし歯にさせないポイント

むし歯にさせないポイント

お子さんは、自分ひとりでは正しいお口のケアができないもの。そのぶん、親御さんがケアしてあげなければなりません。毎日しっかり歯磨きするのは基本ですが、そのほかにも注意してほしいことがあります。それは、食生活です。

【食生活で気を付けてほしいこと】

ご両親からむし歯がうつることがあります

ご両親からむし歯がうつることがあります

歯の生えていない赤ちゃんのお口の中にはむし歯菌が存在しないということをご存知でしょうか? むし歯菌は、親御さんがスプーンやお箸を共有したり、お口にキスをしたりすることによって、唾液を介して赤ちゃんに感染してしまうケースが多いのです。

生まれてくる赤ちゃんの一番近くにいるのは、お母さんとお父さん。そのため、赤ちゃんへむし歯をうつさないようにするには、親御さんをはじめとするご家族の方(ご兄弟やおじいさん・おばあさん)のお口の中からむし歯菌の数を減らしておくことが重要になります。

【むし歯菌の感染を防ぐために】

「常にお口を清潔にしておく」というのは、いうのは簡単ですがそれをご家庭で完璧に実践するのはとても難しいもの。そこで、積極的にご活用いただきたいのが、歯科医院の予防歯科(定期検診)です。定期的にプロの力を借りることで効果的にお口の健康を維持することができ、それが結果としてお子さんへのむし歯感染リスクを抑えることにつながります。

むし歯から守る処置

歯磨き指導(ブラッシング指導)

line

歯磨き指導(ブラッシング指導)

むし歯予防の基本は毎日の歯磨きですが、自己流の歯磨きでは磨き残しが心配です。当院では、お子さんの歯の生え方や発育段階に適した歯ブラシの選び方や正しい歯磨き方法を指導いたします。親御さんには仕上げ磨きのコツをお教えしますので、毎日のケアに活かしてください。

フッ素塗布

line

フッ素塗布

歯の表面にフッ素を塗る処置です。フッ素には歯質を強くし、歯の再石灰化を促す効果があります。ごく初期のむし歯であれば、フッ素塗布による治癒も期待できます。1回約10分、年3~4回の塗布がおすすめです。小さいお子さんの場合は、月に1回程度のフッ素塗布をおすすめする場合があります。

シーラント

line

シーラント

通常の歯磨きだけでは汚れを落としにくくむし歯になりやすい奥歯の溝を、あらかじめレジン(歯科用プラスチック)で埋める処置です。歯と同じような色のレジンを使うので目立ちません。乳歯にも、生えたての永久歯にも有効な処置です。

家族で通える越谷市東越谷の歯医者 ハートピア歯科・矯正歯科越谷診療所 子供を歯医者嫌いにさせないためのコツをお教えします

トップへ戻る